2016年10月23日日曜日

「岐阜の建築」見学紀行

   先日、岐阜土岐市の核融合科学研究所
を見学してきました。
世界のエネルギー消費量は増える一方で
すが化石燃料などのエネルギー資源には
限りがあります。環境負荷の少ないものが
望まれますが太陽光や風力、地熱等では
大規模な発電は困難です。将来の核融合
発電を目指して研究を行っている所です。
 原子力発電は核分裂反応で熱を取り出
し発電しますが核融合反応は荒っぽい表
現ですが「原子核同士をぶつけてエネル
ギーを取り出す」ことを言うそうです。
 通常の状態では原子核が単独で存在し
ないため高温のプラズマ(原子核と電子が
バラバラの状態)について研究しています。
 宇宙と同じ真空状態の中で高温状態
(7000万度近くを将来は1億度超え)にする
そうです。超電動磁石を使い強い磁場で
高温のプラズマを閉じ込 めて、「地上に
太陽」を作る研究です。
 核融合発電が実現したら海水3Lと携帯
電話の電池1個分から1人当たりの年間
電気使用量(7,500KW) が得られるとの事。
 30年前後の実現を目指しているそうです。
制御室も見学しましたが壮観です。(ここは
下町ロケットの管制室の撮影に使われま
した)日本にこんな研究施設があることを
しりませんで した。(1人からでも見学出来ます。よろしけば…)


 6月に開館した多治見市のモザイクタイ
ルミュージアムを見学して来ました。
採土場をモチーフにしたユニークな外観
です。
   7㎝角程度以下のタイルをモザイクタイ
ルを指します。笠原町はモザイクタイル
全国一の産地で、地元有志が長年収集
してきた資料を展示しています。 意外性
の外観が注目を集め集客力は絶大で す。
 登り窯をのようなトンネル階段で4階に
上がり 1階へ降りてくる流れです。






 4階は半屋外空間で白がベースの展示
空間です。かつて生活のなかで使われて
いた種々のタイルが展示されています。
 タイルの歴史や製造工程、最新のタイ
ル情報も提供しています。

ものづくりへの敬意が伝わります。


 







 岐阜市の「みんなの森メディアコスモス」
を見学してきました。建築家伊東豊雄氏
設計の最新の図書館です。
  1階は市民活動拠点としてホール、各種
スタジオやギャラリーを、2階には図書館
を配しています。見どころは大きい家(うね
る木製格子屋根)と小さい家(グローブ:半
透明で漏斗形状のカサ)を組み合わせた
空間です。賑わいのある「まち」のような
建築をめざしているとのこと。
  長良川の伏流水を利用し、床面からの
輻射令暖房で体感的に快適な空調を計
画しています。

 3~4段程度の低い本棚(消防法のから
みでコンクリート製)が円型に配置され、
どこからでも2階全体が見渡せます。
1階もそうですが、全体が解放的です。
斬新な発想とそれを実現させる力に感心
します。外観は伊東氏の設計イメージと
違和感がありますがさすがと思います。
 市民活動交流センターも活発で「知と
文化、絆の拠点」として″静かなる賑わ
い″が期待されています。




KAWA     (CPD 6.0)    








Share: