スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

4月, 2011の投稿を表示しています

赤外線措置法による外壁診断講習会  その2

特殊建築物等で一定の規模のものは定期調査報告書を特定行政庁に報告の義務があります。「外壁タイル等の劣化・損傷の」項ではこれまでは、「手の届く範囲を打診し、その他を目視で調査し異常があれば所有者に是正の注意喚起」でしたが、法改正でH20,4/1以降は「異常があれば全面打診等により調査」するに改正されました。この改正には3年間の猶予期間がありましたが、この4月から本番です。

「全面打診」となれば足場の手配等費用も掛かります。そこで「等」の赤外線検査法が注目を浴びる事になります。赤外線検査は赤外線サーモグラフィの表面温度を利用します。「躯体と仕上げの間に剥離があるとその部分は健全部分に比べ温度が高くなる」現象を利用します。(サンプルでは明快に判断出来てました)

ただ、測定には一定の日射量が必要ですし自然現象にも左右されます。いろいろな「熱」も拾いますので判読には熟練が必要です。違った使い方として断熱材の不良確認や漏水確認、筋違いの状態も確認出来るケースがあり調査方法として新しいものを感じました。

富山県は今年から県有高校の外壁診断に「赤外線検査法」を用います。弊社の定期報告書も以前と比べものにならないほど難しくなると思われます。      KAWA     CPD6.0

赤外線措置法による外壁診断講習会

CPD6.0

特殊建築物で100㎡超のものやその他政令で定める建築物は定期に1・2級建築士がその状況を調査し、結果を特定行政庁に報告しなければならないことになっています。

今回の講習会は、その中でも外壁のタイルや石張りの剥離調査・雨漏り箇所の発見などに赤外線装置を使った方法を紹介するという内容でした。赤外線装置を使えば温度の違いからタイルの剥離箇所や漏水・防水シートの水入り、断熱材の施工不良などが視覚的に判断できます。通常目に見えないものを別の形で視覚化できるのは調査の精度を高める意味でも効果的ですし、手の届かない位置も離れた場所から調べられるので実用レベルとしては十分あると思いました。

ただ、気候・天候が悪い時期や風が強い日、汚れ、色の違い、形状、太陽光の反射などの影響で赤外線装置がうまく使えない場合もあります。実際には複数の調査方法を併用し調査・報告する必要があります。

Kiyoshi