スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

8月, 2012の投稿を表示しています

「自立循環型住宅の設計 講習会」

自立循環型住宅設計講習会に参加して来ました。
自立循環型住宅とは気候や地域特性など、立地条件と住まい方に応じて極力自然エネルギーを活用した上で建物と設備機器の選択に注意を払う事によって居住性や利便性の水準を向上させつつ居住時のエネルギー消費を2000年頃の標準的な住宅と比較して50%にまでに削減可能で2010年までに十分実用化できる住宅をいいます。
多くの方が参加されてました。パシップソーラーの説明もありました。
パシップソーラーのポイントは集熱・蓄熱・断熱ですが、蓄熱部位を設ける事はなかなか難しい要件です。今夏の日射遮断を考えると熱は逃がしたいところです。
CPD4.0     ( KAWA)

エコビレッジフォーラムin南砺

エコビレッジフォーラムin南砺に参加してきました。
3/11の東日本地震を契機に地域資源を活用した「再生エネルギー」が検討され、それに伴い
「循環社会」の構築にも目が向けられ始めました。
南砺市では桜が池地域を中心のエコビレッジ構想が展開されようとしています。
桜が池地域は(市の説明では)
1、太陽光、水力、バイオマス等の再生可能エネルギーがコンパクトに活用出来る。
2、里山の風景が望め、自動車交通の要所で産業、賑わいを創造できる。
とのこと。
「小さな循環」による地域デザインを目標に、いろいろな事業展開を考慮されています。
構想策定に志民会議の委員も公募しています。少し興味が沸きます。
KAWA    (CPD3.0)