スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

8月, 2013の投稿を表示しています

「既存住宅の省エネ改修」講習会を受講しました

既存住宅の70%は平成4年以前に建てられた省エネ性能の低い住宅だと言われます。既存住宅の性能向上が重要な課題にも関わらず、その取組みはあまり進んでいません。
たしかに、住宅で「増築」の依頼はあっても「省エネ改修」の話はありません。ただ「省エネ」改修の考えは新築時にも対
応出来る事なので受講しました。
結論から言えば、
1、暖冷房エネルギー削減効果が最も大きい部位は「開口
  部」最大35%の暖冷房エネルギー削減効果(単層と比
   べ)が あります。
                    2、 最下階の床の改修は省エネ効果は3%(無断熱と比べ)と
                                               大きくありませんが、冬季において接触温度が向上し温熱
                                               環境の改善につながるため快適性の質を向上させる重要
                                              な部位です。天井に次いで安価で住まいながらの工事も
                                              できおすすめです。
                     3、既存暖冷房の更新は建物外皮の断熱改修と同時に実施
                                              すればさらに省エネ効果が高まります。
                    改修事例の報告もいくつかあり、失敗?した報告もありました。

                    天井裏等でグラスウールをダブルに施工する場合、防湿層に
                                          よる露天に注意する必要があります。


                   CPD3.0 (KAWA) 

「東京での施設見学」

●先日、東京の省エネ改修された事務所建築を見学して
きました。新菱冷熱工業の自社ビルです。
築40年は(東京では)普通解体新築されますが、高効率
ヒートポンプチラー、太陽光発電、壁面緑化などを取り入れ
CASBEE-Sクラスを習得しています。(全国2例目の事)
猛暑に近い四ツ谷のビル街から内部に入ると空気にサラ
サラ感を感じます。氷蓄熱の冷気をデシカントで除湿し、
床吹き出し空調システムで空調しています。(デシカントは
室内用空調機で除湿する必要がない為通常より高めの
温度で冷房ができ、省エネ運転に貢献)
外皮断熱、内部断熱、二重サッシ、日射フィルム、グラデーションブラインド、ガスコージェ
ネレーション、ソーラージェネリンク、高効率照明システム等省エネ技術のてんこ盛りです。
エネルギー削減率32%(目標40%) CO2削減率28%(目標37%)はすばらしいものです。
●中央区の中央小学校・中央幼稚園を見学してきました
 。(他の小学校・幼稚園が改築中のため、2校同居の状
況です)
教室部のほか幼稚園と地域開放の温水プール(可床式)
が1階に、体育館が3階にそして屋上(5階)に校庭を持つ
学校です。
屋上校庭は50mの直線走路が確保され、屋根はテント
構造で開閉式です。壁がないので風が気持ちよく通り抜
けます。(屋外階段で直接登れます)
南面は教室群で所どころに自然観察テラスを設けていま
す。中央にオープンの階段と廊下・便所、北側に体育館
等を配しています。
ほとんど境界内一杯の建物で建ぺい率は80%近いと思わ
れます。こんなレイアウト、地方ではありません。
いたる所に植栽があり、動線の明快で「木」もふんだんに
使用されてとても素敵な学校です。
坪100万の建築ですが、納得出来ます。


●おまけの見学で新装なった歌舞伎座で観劇してきまし
た。3年の工期を経て完成した第5期の歌舞伎座はオフィス
タワーを併設する複合施設です。
第4期(吉田五十八設計)の時間を受け継ぐべきその外観
、内観を踏襲しています。1階ロビー(大間)の絨毯図柄は
咋鳥と呼ばれる花枝を咥えた四羽の対になる鳥を組み合
わせたデザインで平安時代から洗練された図案の頂点と
して讃えられていたそうです。
(ロビーは思ったより狭い感じです)
3階B席で観劇しました。舞台から一番遠い(天井に一番

近い?)…