スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月, 2009の投稿を表示しています

木造住宅の耐震

CPD6

木造住宅耐震診断セミナーを受けてきました。

「ホームズ君」は、耐震診断のソフトの名前です。

この「ホームズ君」を使って、診断しています。

パソコンを使えば、だれでも同じ結果になるわけではありません。

耐震改修の考え方は、10人10色。

今回は、ここでこーすると、あーなる。

とか

ここであーすると、こーなる。

とか

ソフトの特性を説明も含めた

耐震改修の基本を習いました。

耐震診断をし

耐震改修計画をし

耐震改修工事をして

初めて、耐震診断をした意味があるのですが、

富山県は住宅の耐震改修率が

ダントツで

最下位。

設計を生業としている、自分達が

モット声を上げないと・・・・


おだけみほこ

******************************
木造住宅の耐震が問題視されていますが、
今回のセミナーは木造住宅の耐震診断ソフト「ホームズ君」
を使った診断の流れに関しての内容でした。

日本は地震が非常に多い国です。
近年でも阪神・淡路大震災、新潟中越地震など大きな地震が相次いで起こっています。それ以外にも実は微弱な地震は毎日のようにおきています。(→気象庁地震情報

そういうなか富山県人は耐震化の数値を見てもなぜか地震に関して関心が薄いように感じられます。でも大きな地震が起きてからでは手遅れということになりかねません。特に昭和56以前の木造住宅は金物が使われていなかったりと大変危険だとされています。今のうちに早期の対策が必要です。

耐震診断はまず住宅の現況を調査するところから始まります。調査は壁など一部解体するという大掛かりなものもありますが、ほとんどの場合は解体せずに築年数や小屋裏などの調査でどれくらいの耐震化が必要か判断できます。すこしでも自分の家の耐震に心配があればご相談ください。

(きよし)

住宅の長寿命化

CPD3
住宅の長寿命化に関する講習会に行ってきました。

200年住宅を目指して?

「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」

なるものができました。

履歴書の作成なんて、今までになかった法律です。

住宅における「カルテ」を作成して、

長く住宅に住まう。

良い事です。

お客様は税金が優遇されます。

資産価値も上がります(その予定)

法律を自分のモノのして

お客様へ提案出来る様に、

日々勉強です

おだけ