スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

5月, 2014の投稿を表示しています

Archi CADセミナー

Archi CADで設計する木造住宅というセミナーに参加してきました。

はじめたばかりなので、まず『BIM』とは何?からのスタートです。

BIMとは、Building Information Modeling
(ビルディングインフォメーションモデリング)の略称で、要は入力するオブジェクトのひとつひとつが建築的な属性(情報)を持っているということです。
今まで一本一本線を入力していた作業が短縮され、さらに3Dパースによって細部の納まりを設計段階で目視確認できるというすばらしいソフトです。

セミナーでは実際の住宅設計をモデルケースとして図面の作成方法を見させていただいたのですが、これは設計者だけでなくお施主様も設計時に出来上がりが見えるため、よりスムーズに計画ができるようになりますね。

ただ、問題は早く使いこなせるようになる事...。
頑張ります!!!

CPD 2.0OTN

DESIGN SEMINAR

難波和彦氏の講演会が富山県産業高度化センターで行われました。

「箱の家」シリーズは以前から興味をもっていましたので楽しみにしていました。

建物を形成する材料は、ほぼ全てがすでに工業製品として規格化されていて、それらをより効率よく組み合わせ、またデザインする事が「箱の家」シリーズの出発点となっているという点は非常に興味深く、建築コスト抑制にかなりの効果があることが伺えました。

建築の四層構造:サスティナブルデザインのマトリックスについての解説もあり、様々な局面から建築をとらえていくことの重要性についてもレクチャーされました。

またグッドデザイン賞の受賞作品紹介を通して、これからの「建築」に求められているプログラムやデザインについてのヒントをもらえたような気がしました。

iwa (CPD2.0)