スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

10月, 2011の投稿を表示しています

高岡市で起きる地震・津波とその対策

cpd2

富山県建築士事務所協会 キャンペーン2011
高岡会場でおこなわれた講演会に行ってきました。


「高岡市で起きる地震・津波とその対策」
講師 竹内 章氏 富山大学大学院教授

高岡市のHPをさっと見ても、今後高岡市で
地震や津波の起きる可能性や、対策等
のせてありません。
高岡市に限った事ではないでしょうが、
公共機関だから「確実な情報」が必要なのでしょう。

講演の中でも、今回の大震災の際、
想定されていた、津波のラインを大幅に超えていた事を
地図で説明されました。

時間が無くて、高岡市の地震・津波ついては、
駆け足の説明になりましたが、
機会があれば、しっかりと聞きたいです。

おだけみほこ

景観フォーラム

cpd3
砺波市景観フォーラム
散居村を住み継ぐ~やわやわと暮らそまいけ~

基調講演「景観は未来への希望か 負の遺産か」
     アレックス・カー氏《東洋文化研究者、NPO法人篪庵(ちいおり)トラスト理事長

景観フォーラムに参加してきました。
講師のアレックス・カー氏は砺波の散居村は、ほんとーにすばらしー
と絶賛されていました。
そうです。
すばらしいです。
そこで
住み継ぐには・・・

結論はでませんが、
このフォーラムを砺波市が開催し、
ネット中継され、
砺波市の「散居村残そう」って
気持ちが、感じられました。
地元の方の参加者がたくさんおられた事も
「散居村」への思いを強く感じられました。

おだけ

とやま木づかいフェァー

CPD3
演題:「木造建築の可能性」
講師:東京大学生産技術研究所 准教授 腰原幹雄氏

高岡テクノドームで開催されている、「とやま木づかいフェアー」
でのセミナーに参加してきました。
公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律
「公共建築は木造でつくりましょう」って法律ですが、
施行されて、1年?
あまり進んでないようです。

講師の先生は、新しい分野の「木造建築」と考えているとの事。
木造住宅の延長程度に考えていて、普段は木造住宅を得意とし、
公共建築で木造は、ぜひやってみたいと思っていたのですが・・・・

勉強ですね・・・

第2部
林野庁長官賞 受賞
「和田保育園」の現地見学会。
設計者の現地での説明会には、参加するに限ります。
苦慮した点や、ポロリと本音を聞くを事ができました。
新しい分野の「木造建築」であるけど、
職人に知恵に助けられて部分があったそうです。

園長の保育園に対する思いや
園児に対する思いが、
随所に見られました。

とやま木づかいフェアーは9日(日)まで高岡テクノドームで開催中。
和田保育園も9日(日)も見学できるそうです。

おだけ