2013年7月8日月曜日

富山ガラス工房の見学と製作体験


ひさしぶりながら建築見学会に参加しました。
今回は富山ガラス工房です。
名前は知っていたのですがどこにあるのかも知りません。
ガラス造形研究所(全国初の公立グラスアート専用教育機関)やショップ、飲食コーナー、アトリエ製作室等があります。
場所は呉羽丘陵(ファミリーパークの横)の一角です。
今回は製作体験が可能な「第2工房」の見学会です。
中央の八角形の高い部分が工作体験の出来る作業部です。
ガラス炉の温度は1200°近くあり、それが数台ありますから室内温度は相当に高くなります。
高さを確保し、八角形の各面に排熱の開口部を設けています。
(アメリカのシアトルに類似の施設があり参考としたそうです)
渡り廊下の天井に児童の作品が配してあるのも好感がもてます。
実際にガラスコップを自作してきました。簡単なデザインレクチャーのあといよいよ実践です。うまく出来るか心配しましたが、コースのほとんどをスタッフが補助しますのでポイントの部分を実行するだけです。作業は簡単で、小学生以上であれば問題はありません。
(結構人気があるみたいです)
コップは時間をかけ冷却しますので目にするのは後日になります。
送られてくる「作品」が楽しみです。
  
                    CPD 2.0   KAWA


Share: