2009年7月30日木曜日

オアシス21(名古屋)

cpd3.0
(少し難解な)法令の講習会で名古屋に行って来ました。この法令の適用建築は富山では少ないと思いますので、地方で開催しても定員を確保しずらいと思います。 講習の話はともかく、名古屋での建築見学の報告を。    講習会場は栄でしたので近くのオアシス21を見て来ました。 オアシス21は店舗、バスターミナル、公園(緑の大地)からなる複合建築です。2002年の10月に竣工しています。フットサルが出来る吹抜け広場(銀河の広場)の上部にオーバルの水盤屋根(水の宇宙船)が覆っています。屋根はすべてガラスで歩行出来ます。地上14mの空中散歩です。中央の水盤には水が張られ(水深7㎝ 雨水を再利用しているらしい)水越しに下を覗くと、鉄骨の揺れとあいまって微妙なさざ波模様が「まるで海底都市」と言われますが、あいにくの雨でそこまでは…。建物の好き嫌いはともかくとして、インパクトの強い建物で地区のランドマークになっています。雑誌等で情報は入りますが、やはり空間を体験しないと理解しにくいものです。機会があればもっと見てみたいものです。   (かわ)
Share: