2014年10月20日月曜日

ヘリテージマネージャー講習会への参加

ヘリテージマネージャーの講習会に参加してきました。
ヘリテージマネージャーとは「歴史的建築物の保存活用・修復に関わる建築士の専門家」との事。(以下HMに略) 先日、開講式があり今後60時間の長丁場です。
HM設立の背景は、阪神淡路大震災で多くの歴史的建築物や街並みが取り壊され、見慣れた風景が失われたのがきっかけとの事。良質な歴史的建築物のストックは生活文化や地域観光に豊かさを与える事になり、資財の浪費防止にも役立ち建築に関わる者として大事な事と理解しています。 が、 「現実的な課題」も多くあります。
既存建物を現行法に適合させる為に多くの手間と費用(多くの改修費)が必要です。
建築基準法の「最低限な安全性をどう確保するか」。消防法もしかり。摘要の除外をした場合
誰が責任をもつか? 大きな課題ですが、これからの受講で考えて行きたいと思っています。
    CPD2   カワ


 



Share: