2014年5月13日火曜日

DESIGN SEMINAR

難波和彦氏の講演会が富山県産業高度化センターで行われました。

「箱の家」シリーズは以前から興味をもっていましたので楽しみにしていました。

建物を形成する材料は、ほぼ全てがすでに工業製品として規格化されていて、それらをより効率よく組み合わせ、またデザインする事が「箱の家」シリーズの出発点となっているという点は非常に興味深く、建築コスト抑制にかなりの効果があることが伺えました。

建築の四層構造:サスティナブルデザインのマトリックスについての解説もあり、様々な局面から建築をとらえていくことの重要性についてもレクチャーされました。

またグッドデザイン賞の受賞作品紹介を通して、これからの「建築」に求められているプログラムやデザインについてのヒントをもらえたような気がしました。

iwa (CPD2.0)
Share: