2009年9月26日土曜日

住宅および建築物の省CO2対策講座

 CPD3.0
 外断熱に熱心に取組んでおられる東邦レオ主催・NPO法人外断熱推進会議後援による講座を受講してきました。
 講演は3部構成で、最初は「建物外皮の省エネ仕様と性能」について金沢工大の 垂水教授に一般レベルの断熱では窓は壁の10倍の熱還流率なので断熱コストの安い壁で稼いだ方が有利だとか北陸の湿度は決して高くない、きっちりと計画換気をすれば体感温度が高くなると教えられました、またいろんな実験データ分析についてうかがいました。
 次は自ら断熱改修や断熱重視の物件に取組んでおられる高屋設計環境デザインルームの高屋氏の「北陸における事例紹介と省エネ補助」について、国の補助金をもっと有効に使うべきとの助言をいただきました。
 最後にNPO法人外断熱推進会議の改正理事による国内外の事例紹介と外断熱の有効性についての説明をいただきました。
                                      寺林
Share: