2016年11月11日金曜日

遠藤秀平氏講義

富山大学で開催された講義に参加してきました。
7回の連続講義で、初回は遠藤秀平氏でした。


「温故創新」というテーマのもと、日本国土の成り立ちから日本人のDNAに刻まれ受け継がれている美的感覚を歴史から学んでいるということ。


そして、それが遠藤氏の創る建築の一つのヒントとなっていて、アバンギャルドな建築に見えていてもその背景には整理された解答があるということ。


より良い建築を創る真摯な姿勢と徹底的なスタディを重ねる重要性を改めて感じさせられました。


この後もグラフィックデザイナーから造園家まで多岐にわたる分野の方が講義されるので興味のある方はぜひ。
http://geibun-regional.tumblr.com/post/152542791205/


iwa CPD2.0
Share: