スキップしてメイン コンテンツに移動

応急危険度判定士



 富山県被災建築物応急危険度判定士講習を受講し、判定士の登録申請も行ってきました。

 日本は地震が多く、本年度も震度7を記録した熊本地震が発生するなど、地震の恐ろしさが大変身近なこととなっています。富山県は比較的災害が少なく、災害に対する県民意識が薄いように思われますが、ここ最近の災害報道によりその意識も高まりつつあります。

 応急危険度判定は、地震により被害を受けた建築物に対して、その後の余震等による倒壊の危険性や建築物の壁・窓・設備等の落下や転倒などの危険性を判定し、人命に係る二次的災害を防止することを目的としています。
 
 地震発生後、応援要請があれば現地に行き、判定内容により被災建築物に「危険」 「要注意」 「調査済」のステッカーを張ることで建築物の所有者や第三者に知らせるということを行います。

 大きな地震発生後は思いもよらない事態が起きます。そういった中での判定作業は危険も伴うと思いますが、さらなる被害の防止や復興へ向けての活動としてその役割は大きいと思います。

 防災に関しては日頃からの備えが必要なことは言うまでもありませんね。我が家では食料等が入った非常用バックを玄関に置いてますが、この機会にさらに見直してみます。

CPD3.5 KIYO

このブログの人気の投稿

木造軸組工法住宅の構造計画の基礎と演習

CPD4

9/12 木造軸組工法の構造計画に関する講習会に

参加してきました。

一般的な2階建以下の木造軸組工法の壁量計算が

主な内容です。

日頃実務で経験している内容なので、復習の意味

では良い内容の講習でした。

しかしながら、今後4号建築物(一定規模以下の

建築物)にも構造計算の提出が義務付けられる

という噂もあり、参加人数はかなりのものでした。

一般の方には分かりづらいのですが、医者にも

内科や外科があるように、一級建築士にも

意匠・構造・設備のそれぞれ専門とする人が

いるのです。

でも、意匠設計者でも構造も設備も一定の知識

がないといけません。日々勉強です。

「軽井沢紀行」

先月末、新幹線で軽井沢に行って来ました。
千住博美術館を皮切りにペイネ美術館、絵本の森美術館、セゾン現代美術館、軽井沢現代美術館……10ヶ所近くの美術館を巡りました。
千住博美術館は千住博の作品のために建物が設計されていて館自体が芸術です。外壁と中庭側がガラスで、自然の中にいる雰囲気があります。景観条例で勾配屋根を掛ける事と庇を伸ばす事があるそうで、設計者の西沢立衛氏は屋根の幕板処理に苦労したとのこと。綺麗な納まり等好感が持てます。



少しばかり足を延ばして吉村順三氏設計の「軽井沢の山荘」も眺めてきました。竣工から50年以上経っていますが、完成された美しさは建築界では「掌中の珠」と呼ばれるほどの名作です。2階からは「森の中に溶け込む」感じになるそうです。遠目にもその美しさが伝わります。それにつけても軽井沢は別荘が似合います。
「星野エリア」は相変わらずの混雑です。駆け足なところがあり疲れましたが、快晴に紅葉が映える一日でした。

kawa   旅2.0

「谷口吉郎・谷口吉生」の建築

金沢市民芸術で開催されていた「谷口吉郎・谷口吉生」の建築展をみてきました。
作品紹介はモニターと模型(1/200と1/50)です。60年前の石膏模型もあり、作品の全体が一目で理解出来て新鮮に感じます。
職員(?)の松隅洋氏の作品解説があり、幾つかの逸話の紹介がありました。
谷口吉生は「映画のシーン」をつくること。「看板をつくらない」事。看板を嫌うところがあった。
葛西臨海水族館の紹介では…
当時の建設地はゴミの山。対岸にディズニーランドがあり、森で
わからないよう囲まれていた。
海に開かれた建物すべきと…。吉生はこの建物を残すべき建築
にあげている。
余談ながら…20年ほど前に訪れた時の回遊展示槽(アクアシアター)のマグロの展示が印象でした。
(マグロは泳ぎ続けないと死んでしまうので回遊式との事)
どれも端正ながら氏の精神性を感じる展覧会でした。

CPD 2.0     カワ