スキップしてメイン コンテンツに移動

「姫路城 平成の大改修」講演会

平成27年3月に5年半かけた姫路城の大天守保存修理工事(屋根瓦葺替、漆喰塗替、木部修繕、耐震補強)が終わり再び美しい姿を見ることが出来るようになりました。工事総合所長による講演会で、工事にまつわる様々な話がありました。姫路城は50年前に「昭和の大改修」で完全に解体され補修復元されています。今回のメインは瓦の葺替と漆喰壁の塗替のみですが、素屋根完成まで14ヵ月を要しています。
素屋根の柱を設置する場所が狭く、国宝に改修以外傷は付けれないし、史跡内であるため杭は打てず素屋根は自重で固定・建っていた。
墨出し用に地面に釘を打つと始末書になるくらい「世界遺産」は現状の保全に厳しい。木造建築がある史跡内では火が使えないため溶接ではなくボルト締めで組み立てられている。作業車の燃料も消防署に事前届出している。
海抜100m近い高さになるので波板では耐風にNGとなるのでメッシュシートにて風を逃がす工夫をしている。改修の啓発とPRから現場は原則「公開」していた。解体工事の事を考えての仮設工事もあって色々大変だったと思います。
入札時17億が竣工時で19.4億の工事でしたが内訳は、仮設工事7:改修工事3。仮設工事の報告会の感がありました。
肝心の改修工事ですが瓦と漆喰についても解説がありました。城郭で屋根は「重」壁は「層」と表現するそうです。トリビア的な話も多く趣が多い講演会でした。
※白すぎ城と揶揄されていますが、漆喰にカビが発生していたものが新しくなり全体に白く見えるそうです。防カビ強化剤が塗布されています。

kawa   cpd2.0

このブログの人気の投稿

日比野克彦アートプロジェクト「ホーム→アンド←アウェー」

CPD2.0

 日比野克彦アートプロジェクト「ホーム→アンド←アウェー」方式を観に21世紀美術館に行って来ました。

今日が最終日でしたが大勢の人が来ていました。

<PIER←→LEAF>
 壁・床・天井いっぱいの段ボールに、貼り絵によって描かれた川と、段ボールの橋が天井から吊されていました。岐阜の人が3カ月かけて作った作品だそうです。ドッドとして描かれた貼り絵の大きさには驚きました。川の流れと共に時の流れと、人との繋がりを感じました。

<LIGHTHOUSE←→FLOWER>
 果実の実のような種のような丸い形の段ボールで出来た船が中央に3隻あり、99粒の種の絵が壁4面に貼られていました。船の中を覗き込むと小さな灯台の光が内部を照らし、船にあいた小さな穴が夜空に光る星のようにも見えました。船は防水加工された段ボールを使用しており実際に船出を待っているというは面白いですね。

それとコレクション展Ⅱを観て行きました。
[出品者リスト]
1.アネット・メッサージュ(ANNETTE MESSAGER)
2.森村泰昌(MORIMURA YASUMASA)
3.木村太陽(KIMURA TAIYO)
4.鯉江真紀子(KOIE MAKIKO)
  船越桂(FUNAKOSHI KATSURA)
5.角永和夫(KADONAGA KAZUO)
6.粟津潔(AWAZU KIYOSHI)

アート作品を観ると創造心が沸いてきます。あと作品を観ている人を観察するのも面白かったりします。

(きよし)

「軽井沢紀行」

先月末、新幹線で軽井沢に行って来ました。
千住博美術館を皮切りにペイネ美術館、絵本の森美術館、セゾン現代美術館、軽井沢現代美術館……10ヶ所近くの美術館を巡りました。
千住博美術館は千住博の作品のために建物が設計されていて館自体が芸術です。外壁と中庭側がガラスで、自然の中にいる雰囲気があります。景観条例で勾配屋根を掛ける事と庇を伸ばす事があるそうで、設計者の西沢立衛氏は屋根の幕板処理に苦労したとのこと。綺麗な納まり等好感が持てます。



少しばかり足を延ばして吉村順三氏設計の「軽井沢の山荘」も眺めてきました。竣工から50年以上経っていますが、完成された美しさは建築界では「掌中の珠」と呼ばれるほどの名作です。2階からは「森の中に溶け込む」感じになるそうです。遠目にもその美しさが伝わります。それにつけても軽井沢は別荘が似合います。
「星野エリア」は相変わらずの混雑です。駆け足なところがあり疲れましたが、快晴に紅葉が映える一日でした。

kawa   旅2.0

「よくわかる建築板金講座」

「職人に聞く!よくわかる建築板金講座」に参加しました。
木造や鉄骨建築で板金は必須の工事です。屋根や壁に当たり前に使われています。
材料の基礎知識や基本的な納まり等、板金工業会青年部の研修会に参加してきました。
ガルバリウム鋼板の歴史やメンテナンスの説明後、モックアップ模型での基本納まりの実演がありました。
施工中の加工作業(工場製作品の取り付けではない完全手作業の現場施工)はなかなか見る事
が少なく、まじまじと見学しました。巧みなものです。
板金技能体験講座が最後にあり、角波や平板切りに始まり、唐草折り、ダクトハゼ、八千代折り
を体験(全て手作業)しました。柳ハサミを使い角波を切る作業や、八千代折りは感心しました。
八千代折りは板金を切らずに「箱」を作る折り方です。板金を切っていませんから角から水漏れは
起りません。シールに頼る納まりは単純なのですが経年後に漏水の心配があります。
アンコウや箱樋等にに使われます。
板金の特性を理解しての作業は「上手」と言うほかありません。
基本の説明だけでしたがとても有意義な時間でした。
CPD3.0    KAWA