2012年8月5日日曜日

エコビレッジフォーラムin南砺

エコビレッジフォーラムin南砺に参加してきました。
3/11の東日本地震を契機に地域資源を活用した「再生エネルギー」が検討され、それに伴い
「循環社会」の構築にも目が向けられ始めました。
南砺市では桜が池地域を中心のエコビレッジ構想が展開されようとしています。
桜が池地域は(市の説明では)
1、太陽光、水力、バイオマス等の再生可能エネルギーがコンパクトに活用出来る。
2、里山の風景が望め、自動車交通の要所で産業、賑わいを創造できる。
とのこと。
「小さな循環」による地域デザインを目標に、いろいろな事業展開を考慮されています。
構想策定に志民会議の委員も公募しています。少し興味が沸きます。
KAWA    (CPD3.0)
Share: