スキップしてメイン コンテンツに移動

LED照明のはなし


(CPD2.0)
白熱灯や蛍光灯など、わたしたちはいくつもの人工的な光に囲まれて暮らしています。照明の世界では最近
青色LEDの開発でよって白色の「光」が開発され、表示用が中心であったLEDは、一般照明用として開発が進んでいます。LEDとは「光を発生する半導体(ダイオード)」で1~3Wの電流で点灯します。
LEDは照明用途として先輩の白熱灯などが真似の出来ない、数々の優れた特長を持っています。
①長寿命で割れない。(40000時間-一日平均10時間点灯すると約10年間)
②視認性が良好で屋内外を問わずに幅広く使える。(最近の例では交通信号機)
③器具の小型化が容易で照明器具として自由な設計が可能になる。
④小電力でも点灯可能なため、省エネや環境への配慮にも貢献。
⑤熱線や紫外線をほとんど含まない。(白熱電球の光の多くには赤外線が含まれ、暖まって劣化する。一方蛍光管には紫外線が含まれ、変色など化学的な劣化を引き起こす)
課題もあります。(ビジネスメディアより)
現在、LEDは省エネという観点からみるとまだまだ蛍光灯には追いついていません。
省エネかどうかは発光効率を見ると分かります。これは電気がどのくらいの率で光に変わるかを示すもので、白熱灯が1ワットあたり10~20ルーメンなのに対し、LEDはワットあたり最新のもので100ルーメン程度と高効率。しかし蛍光灯は110ルーメンにも達する。最近になって白熱灯を追い越した程度です。
そしてさらに明るくすると熱の問題が出ます。
LEDは80度程度という比較的低温で劣化し始めると言います。
例えば東芝の口金交換タイプ(写真-定価¥7,000)はLED素子が6つ。これ以上素子を入れ込むと、明るくなるが代わりに熱が溜まってしまうという。 発光効率が上がれば、光の量が増えるだけでなく熱も減る。LED照明の普及には発光効率の追求が課題と言えるでしょうか。
東芝ライテック研修会「地球に優しい照明技術の最新情報」から (カワ)

このブログの人気の投稿

日比野克彦アートプロジェクト「ホーム→アンド←アウェー」

CPD2.0

 日比野克彦アートプロジェクト「ホーム→アンド←アウェー」方式を観に21世紀美術館に行って来ました。

今日が最終日でしたが大勢の人が来ていました。

<PIER←→LEAF>
 壁・床・天井いっぱいの段ボールに、貼り絵によって描かれた川と、段ボールの橋が天井から吊されていました。岐阜の人が3カ月かけて作った作品だそうです。ドッドとして描かれた貼り絵の大きさには驚きました。川の流れと共に時の流れと、人との繋がりを感じました。

<LIGHTHOUSE←→FLOWER>
 果実の実のような種のような丸い形の段ボールで出来た船が中央に3隻あり、99粒の種の絵が壁4面に貼られていました。船の中を覗き込むと小さな灯台の光が内部を照らし、船にあいた小さな穴が夜空に光る星のようにも見えました。船は防水加工された段ボールを使用しており実際に船出を待っているというは面白いですね。

それとコレクション展Ⅱを観て行きました。
[出品者リスト]
1.アネット・メッサージュ(ANNETTE MESSAGER)
2.森村泰昌(MORIMURA YASUMASA)
3.木村太陽(KIMURA TAIYO)
4.鯉江真紀子(KOIE MAKIKO)
  船越桂(FUNAKOSHI KATSURA)
5.角永和夫(KADONAGA KAZUO)
6.粟津潔(AWAZU KIYOSHI)

アート作品を観ると創造心が沸いてきます。あと作品を観ている人を観察するのも面白かったりします。

(きよし)

「軽井沢紀行」

先月末、新幹線で軽井沢に行って来ました。
千住博美術館を皮切りにペイネ美術館、絵本の森美術館、セゾン現代美術館、軽井沢現代美術館……10ヶ所近くの美術館を巡りました。
千住博美術館は千住博の作品のために建物が設計されていて館自体が芸術です。外壁と中庭側がガラスで、自然の中にいる雰囲気があります。景観条例で勾配屋根を掛ける事と庇を伸ばす事があるそうで、設計者の西沢立衛氏は屋根の幕板処理に苦労したとのこと。綺麗な納まり等好感が持てます。



少しばかり足を延ばして吉村順三氏設計の「軽井沢の山荘」も眺めてきました。竣工から50年以上経っていますが、完成された美しさは建築界では「掌中の珠」と呼ばれるほどの名作です。2階からは「森の中に溶け込む」感じになるそうです。遠目にもその美しさが伝わります。それにつけても軽井沢は別荘が似合います。
「星野エリア」は相変わらずの混雑です。駆け足なところがあり疲れましたが、快晴に紅葉が映える一日でした。

kawa   旅2.0

「よくわかる建築板金講座」

「職人に聞く!よくわかる建築板金講座」に参加しました。
木造や鉄骨建築で板金は必須の工事です。屋根や壁に当たり前に使われています。
材料の基礎知識や基本的な納まり等、板金工業会青年部の研修会に参加してきました。
ガルバリウム鋼板の歴史やメンテナンスの説明後、モックアップ模型での基本納まりの実演がありました。
施工中の加工作業(工場製作品の取り付けではない完全手作業の現場施工)はなかなか見る事
が少なく、まじまじと見学しました。巧みなものです。
板金技能体験講座が最後にあり、角波や平板切りに始まり、唐草折り、ダクトハゼ、八千代折り
を体験(全て手作業)しました。柳ハサミを使い角波を切る作業や、八千代折りは感心しました。
八千代折りは板金を切らずに「箱」を作る折り方です。板金を切っていませんから角から水漏れは
起りません。シールに頼る納まりは単純なのですが経年後に漏水の心配があります。
アンコウや箱樋等にに使われます。
板金の特性を理解しての作業は「上手」と言うほかありません。
基本の説明だけでしたがとても有意義な時間でした。
CPD3.0    KAWA